に投稿 コメントを残す

ビット コイン 2021 年k8 カジノiPhone 6/5s、3キャリアの通信速度を徹底比較――東京メトロ 東西線編仮想通貨カジノパチンコパチスロ 女

ビット コイン 2021 年k8 カジノiPhone 6/5s、3キャリアの通信速度を徹底比較――東京メトロ 東西線編仮想通貨カジノパチンコパチスロ 女

ビット コイン 2021 年k8 カジノiPhone 6/5s、3キャリアの通信速度を徹底比較――東京メトロ 東西線編仮想通貨カジノパチンコパチスロ 女

豊川 岩盤 浴k8 カジノ

化 物語 スロット 無料 アプリ Appleの「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」は、LTE通信で利用できる周波数帯が拡大したほか、通信性能がiPhone 5s/5cの下り最大100Mbpsから下り最大150Mbpsに向上している。

 キャリア別に見ると、iPhone 6/6 Plusはドコモでは800MHz帯(下り最大75Mbps)、1.7GHz帯(下り最大150Mbps※東名阪のみ)、2.1GHz帯(下り最大112.5Mbps)を利用できる。対応バンドはiPhone 5s/5cと変わらないが、先述のとおり端末の通信速度が向上している。

 auでは従来の800MHz帯(下り最大75Mbps)と2.1GHz帯(下り最大100Mbps)に加え、iPhone 6/6 Plusでは新たにUQコミュニケーションズが提供している2.5GHz帯の「WiMAX 2+」(下り最大110Mbps)も新たに対応した。また、800MHz帯と2.1GHz帯の電波を束ねる「キャリアアグリゲーション」に対応し、下り最大150Mbpsの通信が可能になった。

 ソフトバンクでは従来の900MHz帯(下り最大21Mbps※沖縄を除く)と2.1GHz帯(下り最大112.5Mbps)、ワイモバイルが提供している1.7GHz帯(下り最大75Mbps)に加え、Wireless City Planningが提供している2.5GHz帯(下り最大110Mbps)も新たに対応した。なお、下り最大75Mbpsの900MHz帯でのLTE通信は、現在のところ沖縄の一部地域でしか導入していない。沖縄では下り最大150Mbpsのキャリアアグリゲーションも一部地域で導入している。

iPhone 6/6 PlusとiPhone 5s/5cが利用できるネットワーク(2014年11月時点)

キャリア機種名800MHz帯900MHz帯1.5GHz帯1.7GHz帯2.1GHz帯2.5GHz帯キャリアアグリゲーションNTTドコモiPhone 6/6 Plus下り最大75Mbps/上り最大25Mbpsサービス提供なしiPhoneが非対応下り最大150Mbps/上り最大50Mbps下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbpsサービス提供なしサービス提供なしiPhone 5s/5c下り最大75Mbps/上り最大25Mbpsサービス提供なしiPhoneが非対応下り最大100Mbps/上り最大50Mbps下り最大100Mbps/上り最大37.5Mbpsサービス提供なしサービス提供なしKDDIiPhone 6/6 Plus下り最大75Mbps/上り最大25Mbpsサービス提供なしiPhoneが非対応サービス提供なし下り最大150Mbp/上り最大12Mbps下り最大110Mbps/上り最大10Mbps下り最大150Mbps/上り最大25MbpsiPhone 5s/5c下り最大75Mbps/上り最大25Mbpsサービス提供なしiPhoneが非対応サービス提供なし下り最大100Mbps/上り最大15Mbps非対応非対応ソフトバンクモバイルiPhone 6/6 Plusサービス提供なし下り最大21Mbps/上り最大5.7Mbp(※沖縄の一部地域では下り最大75Mbps/上り最大25Mbps)iPhoneが非対応下り最大75Mbps/上り最大25Mbps下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbps下り最大110Mbps/上り最大10Mbps下り最大150Mbps/上り最大25Mbps※沖縄の一部地域のみiPhone 5s/5cサービス提供なし下り最大21Mbps/上り最大5.7Mbp(※沖縄の一部地域では下り最大75Mbps/上り最大25Mbps)iPhoneが非対応下り最大75Mbps/上り最大25Mbps下り最大100Mbps/上り最大37.5MbpsiPhoneが非対応iPhoneが非対応ピンクのマーカー部分は、各キャリアのiPhone 6/6 Plusでアップデートされた部分。

※初出時に、auのiPhone 6/6 Plusの2.1GHz帯における通信速度に誤りがありました。おわびして訂正いたします(11/20 17:54)。photo「RBB TODAY SPEED TEST」で速度を調べた

 iPhone 6/6 Plusは、iPhone 5s/5cからどれだけ実効速度が向上しているのだろうか。また、キャリアによって差があるのだろうか。すでに他メディアや調査期間でさまざまなリポート結果が発表されているが、あらためて、ITmedia Mobileでも検証していきたい。

 今回計測したのはドコモ、au、ソフトバンクのiPhone 6とiPhone 5sの計6台。今回は都内の路線ごとに速度を比較することにした。まずは東京メトロの東西線からお届けしたい。なお、通信速度は場所や時期・時間帯によって変化するので、今回の結果はあくまで参考値としてとらえていただきたい。

 今回のテストは9月23日の20時~22時40分ごろまで行い、「RBB TODAY SPEED TEST」アプリを使い、5回計測した平均値を出した(小数点3位以下は四捨五入した。回数は後述する大手町駅でのドコモを除く)。

 測定したのは高田馬場、飯田橋、九段下、大手町、日本橋、茅場町、門前仲町、東陽町駅のホーム。

 ドコモはiPhone 6と5sともに、多くの駅で下りは20Mbps台後半、上りは10~15Mbpsほど出していたが、大手町駅のホームでは、LTEがつながらず、3G通信になってしまった。特に上りの速度が遅く、計測に時間がかかったためにRBB TODAY SPEED TESTアプリが何度もタイムアウトしてしまった。大手町で計測後に高田馬場へ移動し、もう一度大手町に戻って計り直してみたが、やはりLTEは不通だった。上りと下りの両方を5回測るのが困難で、大手町で計測できたのはiPhone 6が4回(うち2回は下りのみ)、iPhone 5sが3回(うち2回は下りのみ)だった。

 後日、11月18日の23時51分~53分にiPhone 5sで大手町で再測定してみたところ、下りが16.3、21.62、22.31、26.24、23.99Mbps、上りが6.09、12.94、12.81、13.15、4.66Mbpsと好調だった。9月下旬から現在に至るまでに、大手町駅での通信環境が改善された可能性が高い。

 日本橋も上りの速度がやや苦戦していた。ただ、大手町と日本橋の結果を差し引いても、ほかの駅が好結果で、ドコモのiPhone 6が上り全体の平均値は最速だった。

photophotoiPhone 6の大手町での測定結果。上りが極端に遅く、タイムアウトしてしまうことも多かったphotophotoiPhone 5sも同様の結果だった

 auはiPhone 6と5sともに、下りが10Mbps台~20Mbps台後半を安定して出していたが、上りはやや苦戦していた。特に日本橋では1Mbps前後の速度にとどまっていた。

 ソフトバンクはiPhone 6と5sともに、どの駅でも20~30Mbps前後の速度を出しており、下りの平均速度は、ソフトバンクのiPhone 6と5sがワンツーフィニッシュを決めた。最も速度が遅かった駅はiPhone 6が19.262Mbpsの大手町、iPhone 5sが19.242Mbpsの日本橋だったが、これだけ出れば十分だろう。上りは日本橋でやや苦戦していたが、ほかは安定して10Mbps前後出ていた。

下りの通信速度(Mbps)

iPhone 6(ドコモ)iPhone 5s(ドコモ)iPhone 6(au)iPhone 5s(au)iPhone 6(ソフトバンク)iPhone 5s(ソフトバンク)高田馬場27.9825.48826.08822.89233.14831.082飯田橋27.80228.03224.38224.5230.80432.388九段下25.63226.43827.79623.93228.0725.556大手町4.553.5619.02621.44831.66619.242日本橋14.13223.46210.33813.95819.26221.066茅場町27.525.08222.96425.38834.28631.316門前仲町27.89828.43418.1722.17232.8325.694東陽町24.9928.74626.21825.90428.63229.986平均22.560523.6552521.8727522.5267529.8372527.04125
上りの通信速度(Mbps)

iPhone 6(ドコモ)iPhone 5s(ドコモ)iPhone 6(au)iPhone 5s(au)iPhone 6(ソフトバンク)iPhone 5s(ソフトバンク)高田馬場8.0023.6785.4145.437.467.284飯田橋15.32813.66210.6311.6349.55211.874九段下15.26411.86613.38210.6513.5128.702大手町0.0350.084.275.20411.3088.018日本橋2.1285.5720.8161.1143.2223.79茅場町15.112.6349.6610.2712.65611.224門前仲町16.19815.563.9666.65213.46612.61東陽町12.34815.3547.84213.538.611.204平均10.5503759.800756.99758.06059.9729.33825


 3キャリアとも、平均値は下りが20Mbps以上、上りは6Mbps以上出ており、十分な数値といえる。よほど大きなデータをダウンロードしない限り、実際の利用シーンでは数字ほどの差は感じないだろう。iPhone 6とiPhone 5sの差も、今回のテストではほとんど見られず、ドコモは下り、auは下りと上りどちらもiPhone 5sの方が平均値は高かった。ソフトバンクはAXGP対応の影響か、下りと上り、どちらもiPhone 6の方が高かった。

関連キーワードiPhone 6 | iPhone 5s | NTTドコモ | ソフトバンク | au | LTE(Long Term Evolution) | iPhone 5c | 東京メトロ | キャリアアグリゲーション | AXGP | ダウンロード | iPhone 6 Plus | UQ WiMAX 2+ | Y!mobile仮想通貨カジノパチンコファイヤー スティック j スポーツ

コメントを残す