に投稿 コメントを残す

パチスロ 物語 シリーズ セカンド シーズンk8 カジノ可変長サブネットマスク(VLSM)と経路集約仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 上がる

パチスロ 物語 シリーズ セカンド シーズンk8 カジノ可変長サブネットマスク(VLSM)と経路集約仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 上がる

パチスロ 物語 シリーズ セカンド シーズンk8 カジノ可変長サブネットマスク(VLSM)と経路集約仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 上がる

fifa world cup qualifiers 2021k8 カジノ

5 の つく 日 スロット 埼玉 今回は、可変長サブネットマスク(VLSM)と経路集約について解説します。

 VLSMは単一ネットワーク内のIPアドレスを複数のレベルでサブネットワーク化するために開発されました。VLSMを利用できるルーティングプロトコルはRIPv2、OSPF、EIGRPなどのクラスレスルーティングプロトコルです。

 VLSMは大規模ルーテッドネットワークにおいて重要な技術です。また、経路集約によって、複数のネットワークアドレスを1つにまとめることができるので、各ルータが管理しなければならないルート数を減らすことが可能です。

ネットワークの基礎を学習する CCNA対策講座 各回のインデックス第1回 新CCNA試験について知ろう第2回 ネットワークのABC、OSI参照モデルとプロトコル第3回 データはどうやって伝わるの?第4回 LANの基礎を丸かじり第5回 データ同士の通せんぼ――コリジョンてなぁに?第6回 TCP/IPを制するものはネットワークを制す第7回 TCPで、確実&効率よくデータを送受信しよう第8回 サブネットマスクの計算をマスターする第9回 どこまでがネットワーク部? クラスフルとクラスレス第10回 シスコ ソフトウェアの基礎を学習する第11回 Cisco IOSモードの設定第12回 Cisco IOSのモードの設定情報と識別情報第13回 インターフェイスの設定とルータの初期化第14回 ネイバーの検出とCDPによるデバイス管理第15回 Telnetを使用したリモートデバイスの情報収集第16回 SDMによるルータの設定と管理第17回 MACアドレスとフレームで、スイッチの基本動作を学ぶ第18回 スパニングツリープロトコル、動作の仕組み第19回 スイッチにVLANを設定する第20回 VLAN操作を容易にするVTPの機能第21回 ポートセキュリティの設定コマンドと確認第22回 ルータの経路学習とスタティックルートの設定第23回 RIPによるルーティングテーブルの作成第24回 リンクステートルーティング(OSPF)の設定と確認第25回 高速なコンバージェンスを実現するEIGRPを学習する第26回 可変長サブネットマスク(VLSM)と経路集約第27回 標準アクセスリストについて学習する第28回 拡張アクセスリストについて学習する第29回 無線LANの基礎について学習する第30回 無線LANセキュリティの必要性と対策第31回 NATとPATの設定方法を学ぶ第32回 IPv4の枯渇に備えよ――IPv6の特徴と必要性第33回 VPNの基礎を学習する第34回 WANカプセル化プロトコルについて学習する第35回 フレームリレーの基本を学習するFLSMとVLSMの概要

 あるクラスフルネットワークを複数のサブネットに分割するとき、2つのサブネッティング手法があります。

● FLSM(Fixed Length Subnet Mask)

 サブネットマスクは、最も多くのIPアドレスを必要とするサブネットに合わせ、すべてのサブネットで同じサブネットマスクを利用します。

● VLSM(Variable Length Subnet Mask)

 各サブネットに必要なIPアドレスに基づいて、サブネットごとに異なるサブネットマスクを利用します。

図1 FLSMとVLSMのイメージ図1 FLSMとVLSMのイメージ

 VLSMを使用しない場合、必要なホストの台数に関係なく、すべてのサブネットで同じサブネットマスクを使用しています。しかし、ルータ間を接続するサブネットでは2つのIPアドレスがあれば十分です。/24のサブネットマスクで割り当てた場合、252台分のIPアドレスが無駄になります。こうしたアドレス浪費を解決するのが、サブネット化したアドレスをさらにサブネット化するVLSMです。

 例えば、172.16.0.0/16ネットワークを8ビット拡張して/24のサブネットワークに分割するとします。256個のサブネットワークのうち、172.16.1.0/24を本社側のLANに割り当てています。さらにこの範囲のサブネットワークの1つ、172.16.14.0/24を/27マスクを使用してさらに小さいサブネットワークに分割します。これらのサブネットワークの範囲は172.16.14.0/27~172.16.14.224/27になります。この中から172.16.14.32/27~172.16.14.96/27を支社側のLANに割り当てています。さらにこの範囲のサブネットワークの1つ、172.16.14.128を/30マスクを使用して、さらに小さなサブネットワークに分割します。これらのサブネットワークの範囲は172.16.14.128/30~172.16.14.156/30になります。この中から172.16.14.132/30~172.16.14.140/30をルータ間のリンクに使用しています。このようにVLSMでは、一度サブネット化されているアドレスをさらにサブネット化することで、アドレスの使用効率を向上させます。

図2 VLSMの考え方図2 VLSMの考え方

 VLSMを利用できるルーティングプロトコルはRIPv2、OSPF、EIGRPなどのクラスレスルーティングプロトコルです。これらのルーティングプロトコルは、ルーティングアップデートにサブネットマスクを含めて送信できるため、異なるサブネットマスクを混在させることができます。これに対して、RIPv1、IGRPなどのクラスフルルーティングプロトコルは、ルーティングアップデートにサブネットマスクが含まれないため、サブネットマスクの整合性、つまりネットワーク全体で同じサブネットマスクを使用することが前提となります。

確認問題1問題

 VLSMの利点について正しいものを1つ選択しなさい。

a.アドレスの効率的な割り当てが可能になる

b.ルーティングテーブルのエントリ数が減少する

c.ルーティングアップデートが頻繁になる

d.クラスフルルーティングプロトコルと使用される

e.ホールドダウンタイマが解除される

経路集約仮想通貨カジノパチンコ広島 カープ 放送 ネット

コメントを残す