に投稿 コメントを残す

初代 まどかk8 カジノWindows Virtual PCで新しい仮想マシンを作成する仮想通貨カジノパチンコパチンコ 評価 店

初代 まどかk8 カジノWindows Virtual PCで新しい仮想マシンを作成する仮想通貨カジノパチンコパチンコ 評価 店

初代 まどかk8 カジノWindows Virtual PCで新しい仮想マシンを作成する仮想通貨カジノパチンコパチンコ 評価 店

ドラゴンボール パチンコ 新台k8 カジノ Tech TIPSWindows Server Insider

パチスロ 騒音 db

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象ソフトウェア:Windows 7+Windows Virtual PC

解説をスキップして操作手順を今すぐ読む→

解説Windows Server Insiderの関連記事・連載 Windows 7新時代 「第6回Windows XPとの互換性を実現する『Windows XP Mode』」

 Windows 7で利用できるWindows Virtual PCは、互換性を実現するWindows XP Modeの実行環境としてよく知られている。このWindows Virtual PCは実際にはVirtual PC 2007後継の仮想化環境であり、Windows XP Modeだけでなく、従来のVirtual PCのように、さまざまなOSを実行するための汎用的な仮想化環境としても利用できる。本TIPSでは、Window Virtual PC上で新しい仮想マシンを作成し、OSをインストールして利用する方法について解説する。

 なおWindows Virtual PCで正式にサポートされているゲストOS/Service Packの組み合わせは以下の通りであるが(Windows Virtual PCのダウンロードページの情報より)、統合コンポーネントがインストールできないとか正式なサポートがないなどの制限を除けば、それ以外のゲストOSやService Packレベルでも利用できるようである。

Windows XP Professional SP3Windows Vista Enterprise SP1/Ultimate SP1/Business SP1Windows 7 Professional/Windows 7 Ultimate/Windows 7 Enterprise

 なおホストOSが64bit版のWindows 7であっても、Windows Virtual PCで利用可能なゲストOSは32bit版(x86版)に限られる(これはVirtual PC 2007などと同じ)。

操作方法●仮想マシンの作成

 Windows Virtual PCには、Virtual PC 2007のようなGUIの管理ツールは特に用意されていない。だが、[スタート]メニューの[すべてのプログラム]-[Windows Virtual PC]-[Windows Virtual PC]を起動すると、次のような画面が表示される。一見するとただのエクスプローラの画面のようだが、よく見るとメニュー・バーに[仮想マシンの作成]という項目がある。またWindow XP Modeを一度でも起動したことがあれば、仮想マシンの一覧に「Windows XP Mode」という項目がすでに1つ作成されているはずだ。

Windows Virtual PCの管理画面Windows Virtual PCの管理画面Windows Virtual PCには従来のVirtual PC 2007のような独立した管理ツールはなく、このようにエクスプローラに組み込まれたメニューが表示されるだけである。 (1)これをクリックすると、新しい仮想マシンの作成ウィザードが起動する。 (2)Windows XP Modeの仮想マシン設定。 (3)Windows XP Modeのデフォルト・メモリ・サイズは512Mbytesとなっている。大きなアプリケーションを利用する場合はもう少し増やすとよいだろう。TIPS「Windows XP Modeの仮想マシンの設定を変更する」も参照。

 新しく仮想マシンを作成するには、メニューから[仮想マシンの作成]を選択する。するとウィザードが起動するので、作成する仮想マシンの名前などの情報を入力する。

名前と場所の入力名前と場所の入力新しく作成する仮想マシンの名前などの情報を入力する。 (1)仮想マシン名。 (2)保存場所。

 次の画面では仮想マシンに割り当てるメモリ・サイズを指定する。デフォルトでは512Mbytesとなっているが、Windows Vista以降のOSでは1Gbytesにした方がよいだろう。

メモリ・サイズの指定メモリ・サイズの指定仮想マシンに割り当てるメモリのサイズを指定する。Windows Vista以降のOSならば、1Gbytes以上割り当てるのが望ましい。 (1)デフォルトでは512Mbytesとなっているが、ここでは1024Mbytesに変更しておく。 (2)このマシンには4Gbytesのメモリが装備されているのでこのように表示されている(OSは64bit版Windows 7)。Windows Virtual PCでは、実際の物理メモリが仮想マシンに割り当てられるので、割り当て可能なメモリ・サイズはホストPCの実際の物理メモリ・サイズ以下に限定される。 (3)これをオンにすると「外部ネットワーク」が選択され、ほかの実際のコンピュータと通信できる。オフにするとネットワーク・インターフェイスが存在しない状態となり、外部とは通信できない。内部ネットワークや共有ネットワークを利用したい場合は、後述する設定画面で変更する。

 次の画面では仮想ハードディスクの指定を行う。デフォルトでは128Gbytesの仮想ディスクが割り当てられる。

仮想ハードディスク・ファイルの指定仮想ハードディスク・ファイルの指定利用する仮想ディスクなどの情報を指定する。 (1)デフォルトでは、容量可変で128Gbytesのサイズの仮想ディスクが作成され、割り当てられるようになっている。Windows Virtual PCではやや古めのIDEタイプの仮想インターフェイスしか提供されていないので、最大でも128Gbytesまでしか扱えない(いわゆる「137Gbytesの壁」のため。「137Gbytes超IDEディスクの正しい使い方(System Insiderフォーラム)」参照)。 (2)ファイル名の指定。デフォルトでは仮想マシンと同じになっている。 (3)既存のファイルを利用する場合はこれを選択する。過去のVirtual PCの.vhdファイルでも利用可能。ただし統合機能は互換性がないので、アンインストールしておくこと。 (4)サイズやタイプを詳細に指定する場合はこれを選択する。固定サイズ・ディスクや差分ディスクを利用する場合もこれを選択する。 (5)復元ディスクをオンにすると、終了時に元の状態に戻すなどの操作が簡単に行える。

 上の画面で[作成]ボタンをクリックすると、仮想マシンが作成され、管理画面は次のようになる。

作成された仮想マシン作成された仮想マシン新しく作成された仮想マシンの例。ダブルクリックすると起動する。 (1)作成した仮想マシン。 (2)仮想マシンを選択後、これをクリックすると起動する。 (3)設定を変更するにはこれをクリックする。

 新しく作成された項目をダブルクリックするか、[開く]をクリックすると仮想マシンが起動するが、その前にインストール用のDVD-ROMをマウントしておこう(以前のVirtual PCと違って、設定メニューでしか行えない)。作成した仮想マシンを選んでから、[設定]ボタンをクリックする。すると次のような設定画面が表示されるので、「DVD ドライブ」の設定を変更して、インストール用DVD-ROMドライブ(もしくは.isoイメージ・ファイル)の場所を指定する。

設定の確認とCD/DVDイメージの指定設定の確認とCD/DVDイメージの指定この画面で仮想マシンの各種の設定を確認、変更できる。まず、インストールのために使用するDVD-ROMドライブや.isoファイルの場所を指定する。 (1)DVDドライブ/イメージの場所の指定。 (2)デフォルトはこれになっている。 (3).isoイメージを利用する場合はこれを選択する。 (4)物理ドライブを指定する場合はこれを選択する。

 以上で設定は完了である。これで新しく作成された項目をダブルクリックするか、[開く]をクリックすると仮想マシンが起動し、OSのインストールが開始されるはずだ。

●追加のプログラムのインストール

 実際のインストール手順は省略するが、インストール作業が終わったら、最後に仮想マシンのメニューから[ツール]-[統合コンポーネントのインストール]を選択する。これによってシームレスなマウス移動やクリップボード共有、USBサポートなどが可能になる、「追加コンポーネント」がインストールされる(Windows XP SP3/Windows Vista SP1以降/Windows 7にのみインストール可能)。

 また以下の更新プログラムをインストールすることにより、「仮想アプリケーション」モードも利用可能となる。これは、仮想マシン上のアプリケーションをウィンドウ・モードで稼働させ、あたかもホスト側のアプリケーションのように見せる機能である(Windows XP Modeにはあらかじめ統合コンポーネントとこの更新プログラムが組み込まれている)。

RemoteApp を有効にするための Windows XP SP3 用の更新プログラム(マイクロソフト ダウンロード・センター) RemoteApp を有効にするための Windows Vista SP1 以降用の更新プログラム(マイクロソフト ダウンロード・センター)

■この記事と関連性の高い別の記事

Hyper-Vの仮想マシンを作成する(TIPS)Windows XP Modeの仮想マシンの設定を変更する(TIPS)Virtual PCの仮想マシンへのショートカットを素早く作成する(TIPS)Windows XP Modeの仮想マシンの終了方法を変更する(TIPS)Windows XP Modeを再インストールする(TIPS)Hyper-Vの仮想マシンへのショートカットを作成する(TIPS)Hyper-Vで互換性のためにレガシー・ネットワーク・アダプタを利用する(TIPS)Hyper-Vの仮想マシンをインポートする(Windows 8/Server 2012編)(TIPS)Hyper-V 2.0で仮想SCSIディスクを動的に追加する(TIPS)仮想ハードディスクのデフラグに注意(TIPS)「Tech TIPS」のインデックス

「Tech TIPS」

仮想通貨カジノパチンコau 電気 法人

コメントを残す