に投稿 コメントを残す

新台 情報k8 カジノ「GR」のリコーが認めた高画質――“GR certified”で「AQUOS ZETA」のカメラはどう進化した?仮想通貨カジノパチンコパチンコ 必殺 仕置 人 動画

新台 情報k8 カジノ「GR」のリコーが認めた高画質――“GR certified”で「AQUOS ZETA」のカメラはどう進化した?仮想通貨カジノパチンコパチンコ 必殺 仕置 人 動画

新台 情報k8 カジノ「GR」のリコーが認めた高画質――“GR certified”で「AQUOS ZETA」のカメラはどう進化した?仮想通貨カジノパチンコパチンコ 必殺 仕置 人 動画

わが 殿k8 カジノ

gif スロット NTTドコモが発売した「AQUOS ZETA SH-01G」は、省電力に優れたIGZO液晶、大画面なのに持ちやすい三辺狭額縁の「EDGEST」スタイル、持っただけでさまざまな操作ができる「グリップマジック」など、シャープの最先端技術を満載したフラッグシップモデルだ。

photo「AQUOS ZETA SH-01G」photo「GR certified」ロゴ

 その一方で、状況を認知してユーザーにタイミングよく話しかけたり情報を表示したりする機能「エモパー」を搭載し、持つ人に愛着を感じさせる情緒的な機能も持っている。カラーバリエーションは4色を用意し、それぞれの背面で異なる触感を採用するなど、デザインにもこだわりを持った端末だ。

 さらに、今回はカメラの性能を格段にアップさせた。従来機種から誰でも失敗せずに撮れるカメラとして好評だったが、SH-01Gはカメラの本質を再度追求し、リコー「GRシリーズ」開発メンバーによる画質改善認証プログラム「GR certified」を取得した。

 今回はシャープ開発陣に「GR certified」のプログラム担当メンバーを交えて、スマホカメラのさらなる画質向上を目指した背景と「GR certified」取得の狙い、その結果SH-01Gのカメラがいかに進化したのかを聞いた。

photo9月に行われた「GR certified」の認定式。シャープ 常務執行役員 長谷川 祥典氏(写真=左)とリコーイメージング 常務執行役員 村野一氏(写真=右)スマホで単焦点カメラの最高峰を目指せ

――(聞き手、ITmedia)  今回のAQUOS ZETA SH-01Gは、「GR certified」というリコーの認証プログラムを取得しています。「GR certified」については後ほどうかがいますが、その前にどういった経緯でリコーとタッグを組むことになったのでしょうか。

photoシャープ 通信システム事業本部 グローバル商品企画センター 戦略企画部 部長 中田尋経氏

シャープ中田氏 SNSの登場によって、スマートフォンで撮った写真はウェブにアップされ、共有されるようになりました。それだけに、今まで以上に高い画質が求められています。SH-01Gの開発にあたり、まずはカメラ性能の引き上げが懸案となりました。

photoシャープ 通信システム事業本部 グローバル商品企画センター 第一商品企画部 大野卓人氏

シャープ大野氏 SH-04Fのときには、誰が撮っても失敗しないようにと、ガイドに合わせるだけで構図のいい写真が撮れる「フレーミングアドバイザー」を始め、さまざまなアシスト機能を入れました。今回はそうした機能をより際立たせるために、ベースとなる画質を極めることを目指しました。

 スマホカメラの性能を上げるといっても、サイズの制約上、光学ズームなどの機能は搭載できません。スマホはあくまで単焦点レンズのカメラといえます。であれば、その中で一番いい画質を追求していこうということになりました。そのとき浮かんできたのが、単焦点カメラの頂点に存在している、リコーさんのハイエンドコンパクトカメラ「GR」でした。GRを目標に、そのエッセンスを取り入れられないかと考えました。

シャープ中田氏 そこで、我々の方からリコーさんにコンタクトを取らせていただきましたところ、たまたまリコーさんも同じようなこと(「GR certified」認証プログラム)を考えておられた。そこで、一緒にやってみましょうということで、今回の話がスタートしました。

 カメラのGRはセンサーが大きく、スマホとは条件がまったく違うので、同じ画質を目指すことは技術上、難しいことは分かっています。スマホのカメラにとっての最高峰はどうやって実現できるかという点からリコーさんと話し合い、目指すところを大きく2つ決めました。

 まずはレンズです。光が入ってくる一番肝心なところなので、ここの性能をしっかり上げようと決めました。もう1つが画像処理です。いかにレンズがよくても、撮った写真を美しく出力できなければユーザーは満足しません。この2つについて、厳しい条件を満たしていくことになりました。

photoシャープ 通信システム事業本部 グローバル開発センター システム開発部 副参事 高橋芳文氏

シャープ高橋氏 レンズの性能を評価する指標の1つに、被写体をいかにくっきりと映し出せるかを表す「MTF曲線」があります。レンズの中心部から周辺部まで、均一で高いコントラストと解像力を持っているかを調べたものですね。

 もちろんスマホカメラのレンズも、単体(部品)ごとにMTFで性能を判断しています。MTFで比較すると、SH-01GのレンズはSH-04Fから5~10%ほど性能が上がっています。もともとSH-04Fのレンズもそんなに悪い数値ではないのですが、SH-01Gではレンズ周辺部の写りをさらにアップさせました。

 MTFのグラフには4本の曲線がありますが、簡単に説明すると、上の2本でコントラストの善しあし、下の2本で解像感の善しあしを判断します。どの曲線も数値が“1”に近いほど成績が良い。また点線と実線が近いほど、バラ付きのない、安定した画質といえます。SH-01Gのレンズは中心部でほぼ0.9、周辺にいっても0.7という数値です。また全体を通して実線と点線が離れておらず、差がそんなにありません。

―― MTF曲線では周辺部のグラフの落ち込みを気にされるユーザーが多いと思います。こうしてみるとSH-01GのMTFはかなり良くなっていますね。具体的にはどのように改善されたのでしょうか。

シャープ高橋氏 弊社ではレンズを含め、カメラユニットの開発・製造もしています。そのため常にレンズの性能アップをしてきたのですが、今回リコーさんが要求されたレベルは、我々の予想より一段高かった。そのため、設計段階のシミュレーションからすべての行程を見直しました。

photo「AQUOS ZETA SH-01G」のMTF曲線。80から100(センサーの周辺部)の数値の落ち込みが少なく、全体に高い性能を示していることが分かる

―― おそらくリコーにとってもスマホのカメラレンズを評価する機会はこれまでなかったと思うのですが、シャープのレンズについてどう思われましたか?

photoリコーイメージング マーケティング統括部 商品戦略部 企画推進グループ 岩崎徹也氏

リコー岩崎氏 このプログラムを開始した時点でシャープさんからレンズの設計データを出してもらいましたが、残念ながらそのままでは認証できないものでした。「どうしますか」と聞いたら「一から設計し直します」とおっしゃったんですね。

photoリコー 画像エンジン開発本部 ICT開発センター 光学技術開発グループ シニアスペシャリスト 大橋和泰氏

リコー大橋氏 スマホのカメラとデジタル一眼レフなどのカメラとの一番の違いは、「絞り」がないということです。一眼レフのレンズは絞って収差を低減することができますが、スマホは絞りがなく常に開放で使い続けなければならない。

 開放時の性能が高くないとどうやっても高画質にはならないのですが、これにはレンズを良くしていただくしかなかったわけです。

シャープ中田氏 「分かりました、できました」と、簡単に出せるようなものではなくて(笑)、最初は「これは無理じゃないのか?」というところからの挑戦でした。

シャープ高橋氏 最初は従来カメラの性能と変わらないレベルのものしかできませんでした。レンズを少し厚くしたり、画角を広げて焦点距離を短くしたりして対処しました。今回は焦点距離(35ミリ換算)が29ミリから28ミリになっています。

シャープ中田氏 レンズの厚みを増やすと性能を上げられますが、スマホは厚さに制約があります。現状の厚みのままレンズ性能を上げていかなくてはいけないのが、もう1つの大きな課題でした。

シャープ高橋氏 正直、「GR certified」を取らずに従来と同じレベルで作るならコンマ2ミリはさらに薄くできただろうと思います。

―― レンズの見直しをされたとのことですが、例えばガラスなど材質も変えたりしたのでしょうか。

シャープ高橋氏 ガラスレンズは使っていません。小型化やオートフォーカスを動かすためにもレンズは軽くないと難しいんです。特に今回は光学式手ブレ補正を搭載しているので、レンズを軽くしないとシステム全体が大きくなります。その点も考慮して、樹脂で追求する設計手法をとっています。そこはリコーさんも驚かれたと思います。お互いに「無理ちゃうの?」と思ったところだったのですが(笑)

リコー大橋氏 樹脂レンズは光学的な特性として、設計性能と生産したときの性能にばらつきが出やすい――と思っていました。しかし試作品のMTF測定結果や、実写した解像チャート画像などを確認させていただくと、私が樹脂レンズに持っていた印象よりもずっといいものでした。これにはちょっと驚きました。

―― レンズをガラス製にしたら、もっとよくなるでしょうか。

リコー大橋氏 それがそうとも言えないのです。小型化と高性能化を両立させるために必須の非球面レンズは、ガラスで製作する場合、形状の自由度が限られます。樹脂レンズは射出成形で作りますから、ガラスではできないような形状が可能です。そういう意味で、ガラスだから高画質、樹脂だからダメ、とは言えません。

スマホから写真の世界に入ってきてほしい仮想通貨カジノパチンコau プリペイド カード ポイント チャージ

に投稿 コメントを残す

新台 情報k8 カジノ第1回 PowerShellの概要仮想通貨カジノパチンコクラブ ワールド カップ チケット 値段

新台 情報k8 カジノ第1回 PowerShellの概要仮想通貨カジノパチンコクラブ ワールド カップ チケット 値段

新台 情報k8 カジノ第1回 PowerShellの概要仮想通貨カジノパチンコクラブ ワールド カップ チケット 値段

ジョイ カジノ 入金k8 カジノ [運用] PowerShell的システム管理入門 ―― PowerShell 2.0で始める、これからのWindowsシステム管理術 ―― Windows Server Insider

pパチスロ 払い出し枚数 

「[運用] PowerShell的システム管理入門 ―― PowerShell 2.0で始める、これからのWindowsシステム管理術 ―― 」のインデックス

連載目次

 Windows PowerShell(以下PowerShellと表記)は、コマンド・プロンプトに代わってWindowsを管理するための新しいシェルとして開発され、Ver.1.0が2006年に、Ver.2.0が2009年にリリースされた。PowerShellはクライアントOS(Windows XP/Vista/7)とサーバOS(Windows Server 2003/Server 2008/Server 2008 R2)のいずれでも動作する。

Windows Server Insider関連記事・連載 Windows PowerShellコマンド&スクリプティング入門・[運用]Windowsスクリプティング環境比較:PowerShell vs WSH・進化したPowerShell 2.0(連載 Windows Server 2008の真価)

 PowerShellについてはすでに本フォーラムでも何度か記事を掲載しているが(関連記事参照)、本連載ではより進んだ活用方法として、PowerShellを用いたシステム管理について解説していく。毎回テーマを決め、実例を挙げながら、PowerShellを使うとどのような管理が可能になるのか、どのようにシステム管理が容易になるのかなどを紹介していく。

PowerShellを学習する意義

 さて、PowerShellが新しく登場したシェルであるといっても、「わざわざ学習する必要は本当にあるのか?」という疑問の声もよく聞かれる。実際にコマンド・プロンプトとその外部コマンドでほとんどのシステム管理はこなせる。またWindows OSにはWSH(Windows Script Host)というスクリプト実行環境も備わっている。バッチ・ファイルやWSHスクリプトで十分という認識もあるだろう。しかしバッチ・ファイルで使用する外部コマンドは非常に種類が多く習熟は困難である。WSHはバッチ・ファイルより複雑な処理が記述可能だが、もともとシステム管理用に設計されたスクリプト実行環境ではないため、単純なことをするにも非常に冗長な記述が必要になるという問題を抱えている。

 例えば、テキスト・ファイルに現在時刻を書き込むという処理をWSHスクリプト(言語はVBScriptを使用)で書くと次のようになる。

Option ExplicitDim objFSO, objTextStreamSet objFSO = WScript.CreateObject("Scripting.FileSystemObject")Set objTextStream = objFSO.CreateTextFile("test.txt")objTextStream.WriteLine Date & " " & TimeobjTextStream.Close()Set objFSO = NothingSet objTextStream = Nothing

 このように、ファイルの読み書きというシステム管理では基本となるようなことでも、COMオブジェクトを呼び出すなど非常に多くの記述が必要になる。ところがPowerShellで同様の処理を書くと1行で済む。

Get-Date | Set-Content test.txt

 PowerShellはシステム管理用として設計されただけに、このように、システム管理でよく使われる処理は簡潔に記述できるのが特徴だ。

 またこれからは、Windowsシステム管理のベースとしてPowerShellが使われることが公式にアナウンスされている。例えばExchange Serverは2007から、すべての操作がPowerShellベースになっており、GUIの操作もコマンドレットを呼び出すことで実現している。Exchangeに限らず、これからのサーバ製品群はPowerShellベースの管理にシフトしていく。逆にいうとPowerShellを覚えておけば、これらのサーバ製品群を自由に自動操作できるということである。

Windows Server Insider関連記事・進化したActive Directory(連載 Windows Server 2008 R2の真価)

 サーバ製品群だけでなく、OS自体の管理にもPowerShellは使われるようになっている。例えばWindows Server 2008 R2におけるActiveDirectoryの管理などでも利用されている(関連記事参照)。しかもActiveDirectoryごみ箱など、一部PowerShellを使用しなければ利用できない機能すら存在する。つまりWindows OSのシステム管理においてPowerShellは必須の知識となりつつあるため、システム管理者はぜひとも覚えておくべきである。

 もちろんこれまでのバッチ・ファイルやWSHスクリプトの資産はこれからもそのまま利用可能である。またPowerShellから既存のバッチ・ファイルや外部コマンド、WSHスクリプトを実行することも可能であるし、WSHから呼び出すCOMオブジェクトをPowerShellから呼び出すことも可能だ。既存の資産と知識を活用しつつ、新しく作成するものから徐々にPowerShellに切り替えていくのがよいだろう。PowerShellはWindows 7/Windows Server 2008 R2では標準機能であり、今後登場するWindows OSでも同様になると思われる。今後は実行環境についても頭を悩ませることはない。

本連載の方針

 以上を踏まえて、本連載の方針をここで述べておく。本連載ではPowerShellによるシステム管理について、毎回テーマを定めてそのテーマについてのPowerShellコンソールでの使用方法およびそれを踏まえたスクリプト・コードを取り上げていく。その際、PowerShellの文法については深くは取り上げないが、WSHスクリプトやバッチ・ファイルとは違うPowerShellならではの簡潔な記述法をメインに取り上げて、時にはバッチ・ファイルやWSHスクリプトと比較しながら説明する。これによってバッチ・ファイルやWSHスクリプトのユーザーのPowerShellへの移行を手助けする予定である。

 またバージョンはPowerShell 1.0ベースで解説を行うが、必要に応じてPowerShell 2.0の機能も紹介していく。とはいえ、PowerShell 2.0の正式版がリリースされている現在、PowerShell 1.0をインストールする積極的な理由もないので、PowerShell 2.0をインストールしておいていただきたい(入手やインストール方法については後述)。

 システム管理入門という連載の性格上、サーバ管理のテーマが多くなるが、PowerShellはサーバOSのみならずクライアントOSでも使用可能であるため、クライアントの管理にも用いることのできるテーマも扱う予定である。

 今後の連載予定は次のとおりであるが、テーマによっては内容を変更して、より詳しく解説することもあるので、あらかじめご了承いただきたい(この目次は連載の公開に伴い、随時更新する予定である)。

第1回:PowerShellの概要―今回。概要の解説第2回:PowerShellの基礎―PowerShellの基礎文法解説第3回:ファイル/レジストリの操作第4回:サービス/プロセスの操作第5回:イベント・ログの操作第6回:システム情報(WMI)の取得第7回:ActiveDirectoryの操作第8回:IISの管理第9回:Hyper-Vの管理第10回:Exchange 2007の管理

PowerShellとは仮想通貨カジノパチンコ高校 ラグビー スカパー